« 芸術の秋っぽく。 | トップページ | 順番 »

2016年9月20日 (火)

「ちゃま」

 

 わたしは、子供もいない独り身なのですが、、 

 ヒメコ(愛犬)の、母じゃなくて「おかあちゃま。」

 「ちゃま」という所に、なんちゃって感があるね

 

 40半ばに守るべき者ができて、親のような、、

 何か、頼られる存在になった気がします。。。

 ヒメコも、わたしに安心感を覚えていると思います

 

 今日の雷も、「おかあちゃまは世界で1番強い人」

 と言うみたいに、ピタッとくっついて寝そべります

 「そうだよ。おかあちゃまは、世界で1番強いんだょ。」

 冗談みたいに笑って言ったけれど、子供は親を、

 絶対的な存在なんだな、と我が身を振り返り思った

 

 人間の子供は、歳をとると、親の欠点が見えて、

 絶対が崩れるけれど、親も、まぁいいか人間だもの!

 

 親のほうは、突然子供が難しい事を言って戸惑うね

 「あなたも大人になったのね」と うんうん聞いている

 

 もっと子供が成長すると、親は面倒臭くなるみたいだね

 職場の同僚の話、「もう、大人だから自分で考なさい」ってさ

 

 突き放された子供が、過去からさかのぼってさ、、

 何かと親のせいにするけれど、親の立場になってみると

 面倒くさい話だょね。それは、子供を大人として認めた証だね。

 人間はみんな完璧じゃなくて、欠点だらけだから、、

 親の年齢になると、我が身を振り返るのを、人は巡らす

 

 わたしは、ヒメコの「おかあちゃま。」 絶対的な「おあかちゃま。」

 なんちゃってな「おかあちゃま。」 ヒメコの世界で1番強い人(笑)

 この絶対的な神話が崩れませんように。。。 人間も犬も母は強し

 

 

« 芸術の秋っぽく。 | トップページ | 順番 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 芸術の秋っぽく。 | トップページ | 順番 »