« まだまだ未熟者 | トップページ | 自分の時間 »

2017年1月17日 (火)

歳は取るょ

 

 寛解したかな? と思うまで28年かかった気がします。

 28年前18歳。 私も病識が無かったかなぁ。。。(;^ω^)。

 強い薬を飲んで 2度入院して、頭がグデングデンになって、

 「私は、もう何もできない失格者」 と失望した時、

 ケースワーカーさんと両親が作業所を勧めてくれました。

 あの頃は1日40錠ぐらいの薬。 今は寝る前に4錠だけです。

 

 作業所では、頭がグデングデンだったので、50も数えれなくて、

 竹串を袋に入れるのも、「5ずつ、10個作れば楽だょ。」って

 教えてくれました。そういうリハビリを5年ぐらい続けました。。。

 

 26歳の時、初めての障碍者雇用は、周りの目が怖くて1年で挫折。

 その後、アルバイトを転々と。33歳の時から一般で8年働けて、、

 41歳の時、病気を過信して、足元をすくわれたかのように入院。

 8年間働けたから、寛解したか?と思ったら、間違っていました。

 この病気って、過信だけはしちゃいけないんだなぁ、と思うょ(;^ω^)。

 

 より病気に慎重なった私は、3日眠れないと幻聴がきて抜けなくなり、

 強い薬を飲んで入院しないと、一生眠れなくなることを知りました。

 恐いね。ドーパミンって。だから普段から眠気があった方がいいなぁ。

 

 41歳の時、自分で荷物をまとめて、強い薬で眠る為に入院したから、

 また頭がグデングデンになって、作業所でのリハビリから始めました。

 「割りばしが袋に入らない~。手が震える~。」と格闘する毎日が続き、

 

 2年後、職業センターで適正テストを受け、B型事業所で販売員として、

 社会慣れする為のワンクッションを置いた後、相談員さんの紹介で、

 家電屋さんへ3か月のトライアル後、障碍者雇用が出来ました。。。

 

 病院は治療する場所であって、医師は治してあげたいと思う筈です。

 先入観なしにありのままの症状を言えば、何とかしなきゃって思う筈。

 お医者さんは薬を飲まないから、患者さんが効き目を言わないと分からない。

 そんな感じで、お互いに治療していこうと努め、やっと寛解が見えてきた私。

 

 でも「集中しすぎ」の過信が怖いんだよなぁ~(;^ω^)。参ったょん♪。

 一夜漬けタイプの私は、毎日コツコツとやっていく派になりました。

 周りのいろいろな機関や仲間たちに支えられて、やって来れました。

 元気出して、ぼちぼち頑張りましょか。って歳を取ったなぁ、この頃。

 

 

« まだまだ未熟者 | トップページ | 自分の時間 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まだまだ未熟者 | トップページ | 自分の時間 »